間欠的ファスティングを行っていい人とダメな人

体重を減らす必要がある子どもも間欠的ファスティングを行っていいのでしょうか?

子どもはファスティングをすべきではありません。私からのアドバイスは、まず添加された砂糖やお菓子をしっかりと減らすことです。一日二食に減らすことも可能ですが、それ以上の長いファスティングはできません。

私の娘は31歳で週に4回適度な運動を行っています。彼女はファスティングをすることは可能でしょうか?それとも運動をする人にはファスティングは勧められないのでしょうか?

ファスティング中の運動は、安全なだけでなくエリートレベルの多くのアスリート達も適応しているいくつかの理論上の利点があります。だから答えは「可能」です。積極的に勧めます。

妊娠中と出産後の授乳中の女性はファスティングをすることは可能でしょうか?

私は妊娠中または授乳中の女性にファスティングを勧めていません。短時間(24時間未満)のファスティングはOKですが、長期間のファスティング(24時間以上)は、ファスティングの潜在的な利点をはるかに上回ると考えられる栄養不足の問題が生じます。

筋肉の成長と脂肪の燃焼を最大限に引き出すためにはレジスタンストレーニングと間欠的ファスティングをどのように組み合わせて行えばいいのでしょうか?
トレーニング日とオフ日の間欠的ファスティングにはどのように変えるべきでしょうか?またファスティング期間中には、筋肉損失を防ぐためにBCAAなどのサプリメントを服用したほうがよいのでしょうか?

多くの異なるプランがありますが、ほとんどの人は24時間ファスティングを行ってトレーニングを行っています。これは「ファスティング状態のトレーニング」とよばれています。成長ホルモンが多く分泌されるので、理論的にはこの状態では回復と筋肉合成が早くなります。

ファスティング中の筋肉損失は最小限であるため、BCAAを服用する必要はありませんが、ボディビルダーにおいては頻繁に使用されることがあります。しかし、様々な実証からはその効果は不明です。

多くのアスリートは24時間ファスティングのスケジュールに従い、運動した後で高タンパク食を摂っています。

10代の子ども達に対してファスティングは適切でしょうか?

適切ではありません。確かに偶然起こりうる短い時間のファスティング(24時間未満)は問題ありませんが、それ以上長いファスティングになると適切ではありません。

ほとんどの宗教上におけるファスティングでさえ、子ども達にはさせていません。なぜなら、子どもたちの身体は成長のためにより多くの栄養素を必要とするからです。

妊娠希望中でもファスティングは問題ないでしょうか?代わりの間欠的ファスティングをすべきでしょうか?それとも全くやらない方がよいのでしょうか?

トライすることは可能です。しかし、妊娠したらファスティングは止めるべきです。

 

sponsored link

 

Reference

 

The Complete Guide to Fasting: Heal Your Body Through Intermittent, Alternate-Day, and Extended (English Edition)

 

The Obesity Code: Unlocking the Secrets of Weight Loss

新品価格
¥2,086から
(2017/6/15 01:21時点)

Summary of the Obesity Code: By Jason Fung

新品価格
¥641から
(2017/6/15 01:21時点)