間欠的ファスティングについての様々な質問に対して、ファスティングの専門家でもあるJason Fungが丁寧に答えています。

それらの記事をまとめます。

1.間欠的ファスティングを行っていいのは誰?

肥満の子ども、ジムに通っている人、運動する人、筋トレをする人、妊婦・授乳中の女性、10代の子ども、妊娠希望中の女性は間欠的ファスティングをやってもいい?

 

2.間欠的ファスティングのバリエーション

24時間ファスティングと16:8ファスティングの違いとは?

週に何回行うのがいい?

ファスティング期間は固定したほうがいい?それとも変則的に行うほうがいい?

空腹時血糖値を下げるには、24時間ファスティングの方がいい?16:8ファスティングの方がいい?

 

3.間欠的ファスティング中に考慮すべきこと

ボーンブロス、クリーム、カフェイン、代替甘味料、食物繊維、PFCの量、アップルサイダービネガー、高血圧患者に対する塩分の量について。

 

4.間欠的ファスティング中の血糖値及びその他の血液データ

ファスティング中に血糖値が上がった、あるいは下がったという時にどうすればよいのか?

 

5.間欠的ファスティング中の食事について

ホエイプロテイン、マルチビタミン、腸内細菌、マヨネーズ、アルコールは大丈夫?

タンパク質がインスリンを出すのはまだ一般的でない?

酸アルカリ理論について

重要なのは、炭水化物量?正味の炭水化物?

ファスティングの後に過食してしまうときは?

sponsored link

6.間欠的ファスティングと体重減少について

ファスティングをしてもなかなか体重が減らないのはなぜ?

短期ファスティングを頻繁にやるのと、長期ファスティングはどちらが効果的か

 

7.間欠的ファスティングと2型糖尿病について

ファスティング中の低血糖

尿中ケトン体の意味

糖尿性腎疾患を予防するための方法

「Farxiga」「SGLT2」について

インスリンの量について

HbA1c値が10以上の高糖尿病患者のための最適なファスティングプランとは?

メトホルミンと脂肪肝について

 

8.減量・2型糖尿病を超える間欠的ファスティングの効果

胸焼けや逆流性食道炎

間欠的ファスティングと血圧の関係

糖尿性腎疾患からの復活

甲状腺機能について

 

9.間欠的ファスティングとLCHF食で起こりうる影響への懸念

ファスティング中の冷えは問題ない?

食事を飛ばすことは腹部の体重増加にリンクしている?

ファスティング中にタンパク質は分解されないのか?

ファスティング中の胆嚢への影響

甲状腺機能(橋本病)との関連

ファスティング中の筋肉の損失

2型糖尿病患者における低血糖について

腸内細菌への影響

ファスティングへの恐怖心

ファスティング中の吐き気

ファスティング中の不整脈

頻回の食事とファスティングに対する見解

腎臓結石について

尿細管アシドーシスについて

 

10.間欠的ファスティングに関するその他の質問

タンパク質量、副腎疲労(コルチゾール)、暁現象について。

 

sponsored link

 

Reference

The Obesity Code: Unlocking the Secrets of Weight Loss

新品価格
¥1,865から
(2017/6/25 13:21時点)

Summary of the Obesity Code: By Jason Fung

新品価格
¥645から
(2017/6/25 13:21時点)

 

The Complete Guide to Fasting: Heal Your Body Through Intermittent, Alternate-Day, and Extended (English Edition)