毎日はダメ?鉄の吸収効率を高める鉄サプリメントの摂り方

毎日はダメ?鉄の吸収効率を高める鉄サプリメントの摂り方

鉄不足や貧血の人に対して鉄サプリメントや鉄剤が処方されるとき、多くの場合は一日に数回わけて毎日摂取するように勧められます。

しかし、鉄の摂取量が増えるにつれて、鉄の吸収を抑制する血清ヘプシジンの発現量が増えてくることが知られています。

この兼ね合いを考慮した場合、鉄の吸収量を高くするためにはどのように摂取する方ががよいのでしょうか?

sponsored link

鉄サプリは毎日摂る方が良いのか?隔日で摂る方が良いのか?

2017年10月にLancetに報告された論文。[1]

経口摂取による鉄の吸収を評価するため、血清フェリチン25μg/L以下の18歳から40歳の女性に対し前向きのランダム化比較試験を行いました。

一つ目のグループには14日間連続して午前8時に60mgの鉄が与えられ、もう一つのグループには隔日で28日間同じ量の鉄が同じ時間に与えられました。

その結果、毎日鉄サプリを摂取したグループは鉄の累積鉄吸収量が131.0mg(71.4-240.5)であったのに対し、隔日で摂取したグループは175.3mg(110.3-278.5)であったとのこと。摂取量に対する吸収率でみると、毎日のグループが16.3%であったのに対し、隔日のグループが21.8%。

鉄の摂取量が同じであっても隔日で摂取する方が鉄の吸収率が高くなるという結果でした。

興味深いのは、毎日のグループの方が血清ヘプシジンレベルが高くなっていたということ。

ヘプシジンは鉄の代謝に重要な役割を担っているペプチドホルモンで、鉄過剰状態になればなるほど発現量が増えることが知られています。つまりヘプシジンが増えると鉄の吸収は抑制されます。[2]

毎日鉄サプリを摂取していると身体は鉄過剰と判断しヘプシジンの発現量が増え、その結果、吸収量が下がってしまうのだと考えられます。

1日2回摂取するのと1日1回摂取するのはどちらが効果的か?

研究者らはもう一つの実験を行っています。

一つ目のグループは毎朝8時に120㎎の鉄を摂取、もう一つのグループは午前8時と午後5時に60㎎ずつを摂取。

これを3日間継続したのち、14日後の各グループの鉄の吸収状態を調べました。

その結果、全吸収量は1日1回のグループが44.3mg(29.4-66.7)であったのに対し、1日2回のグループが49.4mg(35.2-69.4)であったとのこと。これら2つのグループに有意差は見出されませんでした。

しかし、1日1回の摂取よりも1日2回のグループの方で、やはり高い血清ヘプシジンレベルが検出されたとのこと。

まとめ

  1. 鉄不足の女性に対し毎日鉄サプリメントを与えることは、血清ヘプシジンが増加し結果的に鉄の吸収が減少する。
  2. 鉄サプリメントを1日に数回に分けて与えることは意味をなさず、むしろ血清ヘプシジン濃度を高める。

著者らは毎日摂取することよりも一日おきに摂取する方法を推奨しています。

高タンパク食にしたからと言ってタンパク質の同化が高まるわけではないというのと同じように、特定の栄養を継続して摂りすぎることは逆に体内での利用効率を下げてしまうということなんでしょうね。

高すぎるフェリチンは様々な疾患との相関が明らかになっていますし[3]、人の身体にはいろんなバッファ機能が備わっているようです。

sponsored link

Reference

[1] https://www.thelancet.com/journals/lanhae/article/PIIS2352-3026%2817%2930182-5/fulltext
[2] https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/99/6/99_1180/_pdf
[3] https://saitokarami.com/ferritin-no-seijouchi/

サプリメントカテゴリの最新記事