がんのリスクを高める意外な5つのこと

がんのリスクを高める意外な5つのこと

がんのリスクを高める7つのこと

今や日本人の3人に1人がガンになると言われる時代。「発がん性がある」「がん予防」「がんに効く」などいろんな謳い文句がメディアに溢れ、様々な書籍や食品、サプリメントが販売されています。

一方で、タバコ、過剰な糖質、ストレス、睡眠不足、肥満など、様々な要因ががんのリスクを高めるものとして指摘されています。

しかし、実際のところはがんの専門家でもがんの本当の原因は分からないと言われています。

そんな「分からないもの」の中から「え?そんなことががんと関係あるの?」と思ってしまうような、少し奇妙な相関を今回はまとめてみたいと思います。

sponsored link

1.熱いお茶

一般的にはお茶を飲むことはストレスを解消し、健康に良いと言われることが多いです。実際に緑茶を飲むことはがんのリスクを減らすことができると言われています[1]。

しかし、2018年に中国で行われた研究によると、非常に熱いお茶をよく飲む人は食道がんのリスクが高まる可能性があると報告しています[2]。この研究では45万人の人が対象となり、熱いお茶をよく飲んだり、タバコやアルコールを過剰に飲むと回答した人々は、どれもしなかった人に比べてがんのリスクが5倍高まるという結果を報告しています。

過度に熱いお茶は食道の内壁を傷つけ、タバコやアルコールのダメージを増大させる可能性があると研究者らはまとめています。

2.いつも座りっぱなし

がんのリスクを減らす一つの方法は運動すること。

高強度の運動によってあらゆるがんのリスクが7%低下することが分かっています[3]。ただし運動ががんのリスクをどのように低下させるのか、そのメカニズムはまだ分かっていないそう。

一方で、座っている時間が長い人はがんのリスクが高まるという報告があります。

American Cancer Sosietyの研究者らによる研究によると、1日に6時間以上座って過ごす女性は、1日に3時間未満しか座っていない女性に比べてがんに罹るリスクが10%高くなると報告しています。[4]

またそれだけなく6時間以上座りっぱなしの人は3時間未満の人に比べて全ての死亡原因による死亡率が19%高くなるという報告もあるくらいですから、座りっぱなしの時間をいかに減らすかが大事だと言えそうです。[5]

3.背が高い

背が高いとガンになりやすい

私にとっては非常に嫌な話ですが、背が高い人は背が低い人よりもがんに罹る可能性が高くなります。

2018年のある研究で、身長が10㎝高くなるごとにガンのリスクが10%も高まることが報告されています[6]。背が高いこととがんのリスクが高まることがどのように影響しているのかはまだ分かっていないようですが、これまでよく言われてきた細胞数仮説ではないだろうとの結果も報告しています。

また過去に行われてきた肥満とがんのリスクについても、身長でおおよそ説明ができるとのこと。

女性に関しても身長が10㎝増えるごとにがんのリスクは13%増加するとのこと[7]。

さらに身長だけでなく、足の長い人は大腸がんのリスクが高まるという奇妙な報告もあります[8]。

4.グリルからの煙

BBQの煙が発がん

2018年の中国で行われた研究によると、BBQグリルの近くに座っている人は皮膚を通してヘテロサイクリックアミン(HCA)や多環芳香族炭化水素(PAH)と呼ばれる化学物質を大量に吸引する可能性がありガンのリスクが高まると報告しています[9]。

これらの化学物質は高温で調理された肉やその煙、木や炭が燃焼するときに放出される煙に含まれ、発がん性物質として知られています[10]。

煙の近くに座る場合は、長そでをきることで皮膚を通して吸収されるPHAのレベルを下げられるかもしれないと研究者らはまとめています。

夏のBBQはちょっと注意ですね。

5.アルコール

2017年11月に米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、アルコールががんの明確な危険因子であるとする声明を発表しました[11]

声明の中で研究者らは、世界中の年間新規がん症例の5%および年間がん死亡例の6%が飲酒によるものであると推定しています。

アルコールに関連していると言われているがんは、乳がん、直腸がん、食道がん、および肝臓がん。一般的には深酒をする人ほどそのリスクは高まるとされていますが、声明では少量または適量のアルコールでさえガンの危険性を高めることがあるかもしれないとしています。

アルコールに関してはいろいろな説がありますが、個人的にはブルーゾーンの人々のように仲間と楽しく飲むことが重要であって、一人酒やヤケ酒のように逆にストレスを溜めこんでしまうような飲み方が健康に害を与えるような気がしています。

まとめ

ガンのリスクを高めるちょっと意外なことをまとめました。

まあ、あまり気にし過ぎるようなことではないですが、きもーち心に留めておくくらいでも何も知らないよりはマシじゃないかなと思っています(そもそも身長のことなんてどうすることもできないですし)

最後に発がんと関係があるだろうと言われているけど多分関係ないだろうと思われるものをひとつ紹介します。

それは電磁波です。

2018年に発表された10年にわたる研究で、ラットに非常に高強度の電磁波を1日に9時間照射し続けましたが、ガンの発症とは何の相関もなかったとのこと。この結果から米国立毒物学プログラム(NTP)は人間の健康に有害であるという証拠はないとの声明を発表しています。[12]

この辺はこれから人を対象にした研究が出てくるでしょうが、その結果が出るころにはもう全く新しいリスク要因が議論されているかもしれませんね。

sponsored link

Reference

[1]https://www.researchgate.net/publication/26306930_Tea_Polyphenols_Decrease_Serum_Levels_of_Prostate-Specific_Antigen_Hepatocyte_Growth_Factor_and_Vascular_Endothelial_Growth_Factor_in_Prostate_Cancer_Patients_and_Inhibit_Production_of_Hepatocyte_Grow
[2]http://annals.org/aim/article-abstract/2671921/hot-tea-consumption-its-interactions-alcohol-tobacco-use-risk-esophageal
[3]https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2521826
[4]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26126627
[5]https://academic.oup.com/aje/article/187/10/2151/5045572
[6]https://royalsocietypublishing.org/doi/full/10.1098/rspb.2018.1743
[7]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3148429/
[8]https://www.livescience.com/54472-longer-legs-linked-to-colon-cancer-risk.html
[9]https://www.livescience.com/62640-bbqs-skin-cancer-causing-chemicals.html
[10]https://www.cancer.gov/about-cancer/causes-prevention/risk/diet/cooked-meats-fact-sheet
[11]http://ascopubs.org/doi/full/10.1200/JCO.2017.76.1155

疾患・症状カテゴリの最新記事