お母さんを困らせる子どものイヤイヤは栄養で改善できる

お母さんを困らせる子どものイヤイヤは栄養で改善できる

イヤイヤ期は栄養で改善する

sponsored link

2歳から3歳くらいから始まるイヤイヤ期。

あれもこれもイヤと言われ続けると、さすがに可愛い我が子でもうんざりしてしまいます。

そして、これがお母さんの育児ストレスへと繋がっていきます。

 

実は子どものイヤイヤ期は、ほとんどの場合栄養不足が原因です。

ちょっと前にNHKで「イヤイヤ期」の特番があってかなり反響があったようです。

そこで紹介されていた内容は、

  1. 脳の前頭前野は3歳ごろまでは発達段階である。
  2. この部分が欲望の抑制を司る
  3. この発達が完了するまでは、イヤイヤが継続する

というものでした。

しかし、現実にはイヤイヤを全く経験せずに育つ子どももたくさんいます。

そういう子どもの前頭前野が早い段階で育っているというのは、カヨ子ばあちゃんの夫で脳科学者でもある久保田競氏がかなり以前から指摘しています。

つまりこの差はどこで生まれたのかというと、脳の栄養になる食物をどれだけ摂ったかで決まります。

私の娘も今の食事を始める前は、スーパーで寝転ぶようなイヤイヤ真っ盛りの子どもでしたが、タンパク質脂肪を中心とした食事を始めてから1ヶ月くらいでパタリとなくなりました。

イヤイヤ期に対して、栄養の面からどのようにアプローチすべきか、考えられることをまとめてみたいと思います。

1.糖質依存からの脱却

これは栄養以前の問題です。お菓子やジュースだけでなく、精製炭水化物、特にパン好きの子どもはイヤイヤがひどくなる傾向があります。パンにはお米よりも強い依存症を生むグルテンが含まれています。

糖質中心の食生活では血糖値に由来する食欲と満腹に依存させられる上に、代謝の過程で体内の栄養素が失われていきます。

まずは、砂糖(甘味料)、お菓子、ジュース、パンなどの精製穀物をできるだけ避ける必要があります。

2.タンパク質、脂肪

日本人の子ども達はタンパク質と脂肪が不足しています。

特に、脳の材料となるドコサヘキサエン酸(DHA)や、脳内物質の材料となるトリプトファン(必須アミノ酸)やコレステロールが不足しています。

卵を中心に、肉、魚、チーズ、ボーンブロスなど良質な動物性タンパク質を積極的に取り入れます。

3.鉄分

鉄不足は大人も子どももイライラ(イヤイヤ)の原因となります。日本人の子ども達の多くもお母さんが鉄不足であったために鉄不足に陥っています。

細胞内でブドウ糖やケトン体から効率よくエネルギーが生産されるためにも鉄分が必要です。また、鉄分は脳内の情報伝達においても重要な役割を果たしています。

レバーなどへム鉄を多く含む動物性食品や、非へム鉄を含むひじきなどの野菜や海藻を積極的に取り入れます。

4.マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群

子どもにこれらのビタミン•ミネラル不足があると、歩きたがらない、疲れやすい、抱っこをせがむなどの傾向が見られるようになります。

マグネシウム•亜鉛、ビタミンB群不足が改善すると、体力にも余裕が生まれ、親の話をよく理解するようになります。

マグネシウム・亜鉛不足にはナッツ類、ビタミンB群には豚肉を取り入れます。

5.セロトニン

昨今の子どもたちは心の安定に寄与する神経伝達物質「セロトニン」の不足が指摘されています。

セロトニンを増やすには、材料となるタンパク質(トリプトファン)、そして形成の補酵素となるビタミンB6、ナイアシンを多く含む食材を積極的に摂取します。

さらに、日光を浴びることやリズム運動(歩行、咀嚼、呼吸など反復を繰り返す運動)を積極的に行うことでセロトニンの神経が発達するといわれています。

子ども達の場合は、日中外でしっかり遊ばせることがセロトニンを増やすと考えられます。

5.オキシトシン

最後に心の栄養です。

ハグをしたりキスをしたりして、子ども達との肌の触れ合いを多くします。

これによって分泌される幸せホルモンのオキシトシンは、子ども達の心を穏やかにします。

注意すべきことは、オキシトシンだけに頼っても、絶対にイヤイヤ期は解決しないということです。

いわゆる「イヤイヤ期の対応の仕方」全般に言えることでもありますが、イヤイヤ期の対応は栄養不足の改善が先です。

まとめ

子どものイヤイヤ期に悩むお母さんはたくさんいます。

イヤイヤ が栄養不足だという事実を受け入れるのは、初めはショックを受けるかもしれませんが食べ物の効果は絶大です。

ぜひ、栄養面からアプローチを検討してみてください。

必ずよい方向に向かうはずです。

sponsored link

Reference

天才脳を育てる1歳教育 ~まだ間に合う久保田メソッド~

新品価格
¥1,028から

(2017/4/25 22:15時点)

医師も実践している子供が丈夫になる食事

新品価格
¥1,234から

(2017/4/25 22:32時点)


子どもカテゴリの最新記事